もうそんな季節なんですね。何であれお祝いムードというのはいいものです。バブル期は空港でお祝いするぐらい気が早かったんですけどね。
18日午前0時解禁のフランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」商戦をめぐって、流通業界と酒類各社の“温度差”が鮮明になっている。円高の追い風も手伝い、輸送コストの安いペットボトル入りの低価格商品に力を注ぐ流通業界に対し、人気の火つけ役だった酒類各社は「(ボージョレ・ヌーボーは)旬の時期が短い。在庫を抱えるリスクも高い」と冷静だ。【引用Yahooニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101117-00000630-san-bus_all】
ボージョレ・ヌーボーもいいですけど、ワインはサイゼリアのワインがコストパフォーマンスに優れているような気がします。1万円以上するワインもいいですけど、やはりあの安さは魅力ですね。サイゼリアに行ったらハンバーグかステーキを食べながらワインというのが安上がりかつ至福の組み合わせな感じがしますね。